腰痛・坐骨神経痛等の体の不調と気圧の関係

ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ

腰痛・坐骨神経痛等の体の不調と気圧の関係

2019/09/18

ブログへの訪問ありがとうございます。牧の原ふじ整骨院・整体院・鍼灸院の二塚です。

 

今年の夏もひどい暑さでしたね。

最近は唸るような猛暑も段々無くなり、朝晩も涼しくなり、最高気温が30度を切る日も増えて季節が秋に向かっている感じがします。

過ごしやすい気候にはなってきましたが、その代わりに台風が来たり雨が定期的に降ったりしています。

とても気候が不安定ですね。

こういう時期は身体の不調を訴える方はとても多いです。

特に雨の日や降る前の日に頭痛・腰痛(ギックリ腰)・坐骨神経痛・膝関節痛などを訴える方が多いです。古傷が痛むとも言いますね。

 

これらの原因は「気圧」が原因となります。

 

雨が降ると身体の調子が悪くなるというのはなんとなく聞いたことはあると思います。

でも本当に関係あるの?と思う方も多いでしょう。しかし…

ちゃんと関係あるんです!

普段気圧を身体で感じる事はなかなか無いのでそう思う方も多いと思います。

普段平地にいる私たちには平均して1気圧(1013hPa)という力を受けています。

これは1平方センチメートルあたりに約1キログラムの力が加わっているという事です。

例えれば手の爪に1キログラムの重りが乗っている感じです。

「嘘だ!そんなに感じないよ!」と思われると思います。そうです。感じないです。

それはなぜかというと、私たちの身体は自然とその圧を同じ強さでを押し返しているので感じないのです。

 

そこで低気圧になると外からかかる圧は弱まり、身体の内側から押す圧の方が少し強まるので身体は少し膨張します。

そこで何が起こるかというと、

血管やリンパ管の圧力が弱まります。血管やリンパ管は血圧と言われるように圧力で血液が流れるので血圧が少し下がり血流が少し悪くなってしまいます。

それにより古傷や身体の弱い所が痛んだりします。

このように外からの圧が弱まり身体が膨張する事によって症状が出ます。

 

外からの圧力というのは痛みを和らげます。

例えばお腹であったり、腰であったり、頭であったり痛くなった時はお腹や腰や頭を押さえませんか?

そうすることで少し痛みが和らいだり、痛みを抑えている感じがしたりします。

これも外からの圧力です。

私たちは知らなくても本能で痛みがある所に圧力を加える事で和らぐというのを分かっているんです。

これを治療にしたのが指圧などのマッサージですね。マッサージで圧を加える事によって楽になった感じがします。

 

他にも気圧が身体に及ぼす影響というものがあります。

それは身体の免疫の過剰反応というものです。

前述した通り低気圧により身体にかかる圧力が普段より変化します。

それが、身体にとって異常な外部刺激と感じ、ヒスタミンという体内物質が反応し免疫が過剰に反応することによって関節痛や古傷が痛むという事が起こるのです。

 

気圧の変化によって自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが崩れる事により痛みが出る場合もあります。

気圧の変化を耳で感じる圧力が下がる事により、自律神経の副交感神経が優位になります。

自律神経というのは交感神経と副交感神経があり、通常の状態で簡単に言えば活動している時は交感神経優位になり、休息している時は副交感神経が優位になります。

よくスポーツで「アドレナリンが出ているせいか痛みを感じなかった」というのを聞いたことありますよね。

逆に寝ていたり、何もせずじっとしていると「痛みが気になってしまう」という事があります。

このように人は何かをしている時は痛みの事を忘れられるのですが、することが無く痛みに意識が向けられると痛みがとにかく気になるという事が起きます。

それを自律神経に置き換えると、

活動していて交感神経優位の時は痛みが気にならない

活動していないで副交感神経優位の時は痛みが気になる

という事になります。

という事は前述したように気圧が下がり自律神経のバランスが崩れ副交感神経が優位になる事によって痛みをより感じるようになってしまうのです。

 

 

これらのように、気圧が身体に及ぼす影響というのは思いのほか大きいものなのです。

もちろん全員が低気圧で調子が悪くなるわけではありません。

影響を受けやすい方というのはいます。

身体が弱っていたり、睡眠不足、疲労、身体に耐久力が無い等がある方に起きます。

子供が「今日は台風だから調子が悪い」とか言わないですよね?

普段の生活を規則正しくして、ウォーキングなどの運動を定期的にすることによって、気圧に影響されにくい身体を作る事も可能です。

季節の変わり目、台風の時期、梅雨の時期が特に気圧が変わりやすいのでそこで影響を受けないような体作りを心がけましょう!

 

疑問や質問がございましたらお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!