歩くと足が痛いあなたへ

ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ

歩くと足が痛いあなたへ

2019/10/29

ブログをご覧になっていただきありがとうございます。

松戸市の腰痛・坐骨神経痛専門院の牧の原ふじ整骨院・鍼灸院・整体院です。

 

今回の内容は《歩くと足が痛い》という方に向けてです。

 

この症状には2つの原因が考えられます。

 

1つ目は骨や靱帯と神経の問題である『脊柱管狭窄症』

2つ目は血管の問題である『閉塞性動脈硬化症』

 

この2つは同じ症状になります。

どちらも歩くと痛み休むと和らぎ、またしばらく歩くと痛むという感じで

歩く→痛む→休む→痛み無くなる→歩く→痛む→休む

という状態を繰り返します。

 

これを『間欠性跛行』といいます。

 

まずこの症状があったら病院に行くことをお勧めします。

なぜかというと間欠性跛行の原因が閉塞性動脈硬化症だった場合

命に係わる可能性があるからです。

閉塞性動脈硬化症というのは要は血管が詰まっている状態です。

ですので、この間欠性跛行が出ている段階で心筋梗塞や脳卒中のリスクもあります。

この状態であれば病院での治療が適切になります。

この間欠性跛行の前段階として血管のつまりによる足の冷えがあったりするので

早期発見が大切になります。

 

間欠性跛行があり、病院で脊柱管狭窄症と診断された場合は当院に来てください!

病院を敵視するわけではありませんが、病院の治療ですとレントゲン上、手術適用な位ひどい状態だと判断したら手術。(この判断もお医者さんによって違います。手術をしたがる先生や患者さんの負担になるからなるべくしたくない先生もいます。)

そうでない場合、痛み止めの薬や神経の薬を出し、リハビリや電気治療をしたりしてしばらく様子を見て、症状が改善しなくて痛みがあまりにもひどいようであれば手術の選択肢にもなります。

 

そもそも脊柱管狭窄症というのは神経の通り道である脊柱管という部分の骨や靱帯の肥厚、椎間板の突出などにより神経を圧迫されてなるものです。

その状態なのに、病院では

痛み止めの薬で痛みをごまかす。

元の原因は脊柱なのに神経の薬で抑えようとする。

背骨に原因があるのにリハビリや電気治療では筋肉にアプローチをしている。

 

これで治るのか?と言ったら正直厳しいと思っています。

もちろんこれらの治療で症状が軽減する方もいるでしょうからこれらの治療法があるのでしょう。

 

もっと言えば脊柱管狭窄症の手術をして治らない方もたくさんいます。

それは、その歩く時の痛みの本当の原因として脊柱管狭窄症ではない可能性もあるからです。

脊柱管狭窄症の状態になっていても痛みの出る方と出ない方がいます。

ある程度年齢を重ねれば脊柱管は狭くなったりします。

でも症状は出る人と出ない人がいる。

そうなったら本当の原因はレントゲンやMRIで腰だけ見ても分かりません。

そもそも痛みが出る時は歩いている時なのに、痛みの出ない寝た状態でレントゲンやMRIを撮っても意味があるのか?(一応現状認識として必要ではあります)

本当の原因を探ろうとしたら痛みが出る動きなどもっと全身を診て、バランスのとり方だったり、関節の動きを診たりしてそれを治していくことのほうがよっぽどその人の本当の原因を治していくことなのです。

 

当院では様々な検査を行い、その方の痛みの本当の原因を見つけ出し、根本解決できるよう治療していきます。

大まかな説明として、『正しく歩ける身体づくりをし、人としての機能を回復させていく』というのを目指していく治療です。

なんかリハビリと同じような感じに思われるかもしれませんが、アプローチ方法は全く違います。

 

まず、歩けないということは筋肉が一番の原因にはなりません。

よく、「支えを作るために筋力を付けましょう」とか「ここの筋肉が硬いからほぐしましょう」とか言います。

しかし筋肉をつけても正しくは歩けないし、今のバランスを保つために筋肉が張っているのにその筋肉をほぐしてしまえばバランスの維持も難しくなります。

歩けるようになるためには

骨盤から始まり、背骨、股関節、足首などが正しく滑らかに動き、バランスよく安定して機能していく事が大切です。

そうなった状態の後に筋肉をつけるのは良いです。

やる順番が間違っているのです。

 

当院に通われている方で病院に行っていたけれども治らないし、薬が大量に出されるから嫌だ、という理由で来られる方は大勢います。

その中でも間欠性跛行で5分も続けて歩けないという方が、20分、30分と歩けるようになっている方は多くいます。

 

もし病院に行っているけど「症状が変わらない」「どんどん酷くなっていく」「手術は回避したい」「薬はもう飲みたくない」などのお悩みがあるようでしたら一度ご連絡ください。

あなたの痛みのない体へのお手伝いが出来れば幸いです。

お待ちしております!

最後までお読みいただきありがとうございました!