腰痛を治すのに1日何歩歩けばいいの?その考え方間違っています!

ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ

腰痛を治すのに1日何歩歩けばいいの?その考え方間違っています!

2019/11/09

ブログをご覧になっていただきありがとうございます。

松戸市の腰痛・坐骨神経痛専門院の牧の原ふじ整骨院・鍼灸院・整体院です!

 

今回の内容は「腰痛を治す為に何歩歩けばいいのか?その考え方間違っています!」というものです。

 

歩くことは良い事!ということは分かっていると思います。

病院でもテレビでも「歩きましょう!」

といいます。

 

では実際どのくらい歩けばいいのか?

どの位のスピードで歩けばいいのか?

歩き方は?

頑張って歩いているとこんな疑問が出てくると思います。

 

正直、ただ歩けばいいか?といったら

・適当にダラダラ歩く

・銀座をウインドウショッピングしながらブラブラしながら歩く

・買い物で荷物を持った状態で歩く

これでは腰痛を治すための歩行としての意味はありません。

ストレス緩和位にはなりますかね。

 

そこで今回の本題です!

多くの方が「1日に何歩歩いたか?」

ということを歩いた基準にしています。

しかし、それは間違っています!

例えば、先程例に出した銀座をウインドウショッピングするとかだと駅まで行って電車に乗って銀座を歩いて帰ってきてとかしていると1日1万歩とかいきます。

1日1万歩!

すごい歩いている感じがしますよね?

しかし、先ほど私言いました。ウインドウショッピングでは腰痛を治すための歩行としては意味がない。と

 

では腰痛を治すために必要な歩行は何を基準にすればいいのか?というと

《連続歩行で何分歩いたか?》

です!

 

肝は《連続歩行》の部分です!

止まらず歩くということです。

 

なぜ止まらず歩かなければいけないのかというと、続けて歩くことによって関節に油が効いてきて骨盤が滑らかに動くようになります。

この骨盤が滑らかに動くようになることで、結果的に腰への負担が減り腰痛を治します。

 

しかし、ウインドウショッピングですと途中でお店に入ったりして立ち止まりますよね?

そこで連続歩行では無くなります。

それだと骨盤に油は効いてきません。

しかも、ウインドウショッピングだと目的のメインは「店で商品を見る」です。

「歩く」ということがメインにはなっていないんですよね。

歩くために街に出かけたとしても、目的は移行します。

「散歩」がメインになるように歩くことが大切です。

 

なんとなくわかっていただけましたか?

では何分連続で歩けばいいのか?というと

43分です。どうしてこんな中途半端な時間なのかは院に来ていただければ説明します。

43分が長い!という方は歩ける時間でもいいです。

最初は大変だと思うので…

大切なのは継続なので、最初から無理をして三日坊主で嫌になるくらいであれば少しずつ頑張ってください。

 

ですので、「一日何歩歩いたか?」を見るのではなく「一日何分連続で歩けたか?」

を基準にしてください!

ただ、歩数計で測るのは良い事ですよ!

例えば最初のころと慣れてきたころでは同じ43分でも歩数が増えていたりします。

ということは足の回転数が上がり、よりちゃんとした歩行になっているという証拠になります。

毎日記録することでモチベーションを保つ要因にもなります。

 

ちなみに、買い物で荷物を持っていたりダラダラ歩いているとバランスが崩れるために、歩いていたとしても逆に体を悪くする可能性もあります。

あくまで腰痛を治そうとするのであれば、

《腰痛を治すために散歩をする!》

という気持ちを持って歩くことを目的として歩いてください!

 

また今度正しい歩き方をブログに載せます!

お楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました。