坐骨神経痛は整骨院・接骨院では治らない?

ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ

坐骨神経痛は整骨院・接骨院では治らない?

2019/11/27

ブログをご覧になっていただきありがとうございます。

松戸市の腰痛・坐骨神経痛専門院の牧の原ふじ整骨院・鍼灸院・整体院です!

 

今回の内容は坐骨神経痛は整骨院・接骨院では治らないのか?

というお話しです。

 

今回なぜこの内容にしたのかというと、たまにヤホーの知恵袋とか見たりするのですが、まぁ接骨院の印象ってあまり良くないんですね。

・やってるのは素人だから接骨院には行ってはいけない

・坐骨神経痛で保険使ってたら詐欺です

・治すことは出来ない

等々

これは接骨院が慢性痛を怪我だと偽り不正請求をするというニュースがあったりして、接骨院に対してあまり良いイメージはない事も一つの要因だと思います。

 

知らない方にはこれで知ってもらいたいのですが

接骨院で保険を使える症例は

捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)、脱臼、骨折など急性のケガのみですからね。

慢性的な腰痛、坐骨神経痛、肩こり、膝痛などケガではない理由が無い痛みは保険適応対象外です。

そういう症状で保険を使っていたら確かに詐欺です。

もしかしたらあなたも知らぬ間に詐欺に加担している可能性もあるので気を付けて。

 

話はそれましたが、本題に戻りましょう。

 

まず、接骨院の本業とは何か?からお話しします。

接骨院とは元々「ほねつぎ」といって前述した捻挫、打撲、脱臼、骨折など急性のケガに対して応急処置をし、それらを治していく事を生業としてきました。

なぜこれらの症状を対象としているのかというと、接骨院を開業するために必要な国家資格がありまして、それが「柔道整復師」という資格になります。

まさに名前の通り柔道から来ています。

柔道はケガの多いスポーツです。

今でも柔道家にはいると思いますが、ケガをしたら道場などその場で応急処置をするんですよね。

捻挫・打撲はもちろん、脱臼をはめたり、骨折でずれた骨を元に戻したり。

それが一般のケガをした人にもやるようになり、職業になっていきました。

 

しかし、現代では整形外科が激増したこと事により、ケガでレントゲンも撮れない接骨院に来る人は少なくなりました。(昔はレントゲンを撮っていた接骨院もあったそうです。今では禁止されています)

そうなってくると、違法とは知りながらも肩こり腰痛など慢性痛の人でも保険を使い患者さんにするしかない状態になる接骨院が増えました。

(スポーツ専門などで、ちゃんとケガ人だけ診ている接骨院もあるみたいです)

そういう慢性痛の人に対してマッサージをして、電気をかけて、温めて、牽引をして

という治療をやってきたわけです。

慢性痛の方ばかり患者さんにしているので、患者さんの中には接骨院は保険を使えて安くやってくれるマッサージ屋さんだと勘違いしている人もいるのです。

 

しかし、先ほど言ったように柔道整復師の本業はケガに対する応急処置・治療です。

柔道整復師の資格を取る学校では、

坐骨神経痛の治し方も、腰痛の治し方もマッサージの仕方も一切習いません。

技術的に習うのは骨折・脱臼の治し方、包帯の巻き方などです。

なので接骨院でやっている治療は下手したら確かにリラクゼーションでやっている資格も持たない素人となんら変わりない可能性もあるわけです。

 

それで、坐骨神経痛を治せるのか?

といったら無理です。

 

身体の構造はもちろん学校で習うので坐骨神経痛が起こる原因というものは知ってはいますが、

治し方までは習いません。

治ったとしても筋肉の張りからくる軽度の坐骨神経痛で、マッサージか電気がたまたま効いて軽くなった程度です。

 

では、接骨院では坐骨神経痛を治せないかというとそうではありません。

治せる接骨院と治せない接骨院はあります。

 

柔道整復師は資格を取ってから2パターンに分かれると思っています。

それは、資格を取ってからも勉強している柔道整復師と資格を取ってから全く勉強していない柔道整復師です。

勉強している柔道整復師はだいたい学校では習わない慢性痛についての治し方も勉強しているはずです。

なので、坐骨神経痛の治し方というのも勉強しているはずなのです。

しっかり勉強しているところであれば、手術適応以外の坐骨神経痛の患者さんを注射だの薬だの湿布だのでなんとかごまかそうとする整形外科よりもよっぽと治してくれるはずです。

後は経験ですけどね。

 

しかし、患者さん側からすればそこの先生が勉強しているかどうかはわかりませんよね?

それを判断する方法をお伝えします。

 

①行く前にHPなどを見て

坐骨神経痛専門とか書いてあるようであればかなり自信があるところだと思います。

ただ、書き方で「首痛・四十肩・腰痛・坐骨神経痛・股関節痛・膝痛など身体のどこかに不調がある方」など色々な部位が書いてあるような所は怪しいです。

 

②行ったときにしっかり問診・検査をしてくれるか?

問診・検査は患者さんの症状の原因を見つけ出す大切なものになります。

痛い場所だけ聞いていきなり治療を始めるような先生は、スーパーゴッドハンドか治せないかの両極端ですので、治療を受けてすぐ戻ったり、しばらく治療しても変わらなければ治せないところだと思います。

 

③温め、電気治療、マッサージ、牽引の治療法しかない

これらは接骨院の典型的な治療法です。

筋肉が緩まったり緊張が取れるので、その場は楽になっても原因には治療出来ていないので1か月とか通って変わらないのであれば治ることはないでしょう。

 

④治療計画を伝えない

治すためにどのくらい通って、どのくらいのペースで来て、何をして、どう変わっていくなどの治療計画を伝えない所は、

とりあえず来てもらってそのうち楽になったらいいね。

くらいの感じなので治すという概念がないか、経験がないか、スーパーゴッドハンドです。

そういうところも気を付けたほうがいいですね。

 

とりあえず、このくらいは押さえておくといいと思います。

 

しかし、ハッキリ言って治せる治せないというのは少なからず症状と治療との相性もあると思います。

テレビや雑誌で取り上げられたゴッドハンドに遠方からわざわざ治療に行っても治らなかったという方もいますし、近所のマッサージ屋で治ることも稀にあるわけです。

とりあえず治療を一回受けてみて自分に合いそうか、納得できて信頼してみようと思えるかが大事になります。

ほんとかどうかもわからないネットの書き込みを見て行く前から接骨院だからダメとか、そういう風に思うと治る可能性を狭めるだけです。

自分で体感することが大事です!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!