大量の薬を飲むのが嫌・不安になっているあなたへ

ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ

大量の薬を飲むのが嫌・不安になっているあなたへ

2020/02/06

ブログをご覧になっていただきありがとうございます。

松戸市の腰痛・坐骨神経痛専門院の牧の原ふじ整骨院・鍼灸院・整体院です!

 

今回の内容は患者さんの中でも悩み事の一つとして多い

『病院で薬を大量に出されて、これを飲み続けてもいいのか?』

というような薬に関しての悩み

 

当院に来られるような患者さんは、

基本的に腰痛・坐骨神経痛になり病院に行って薬をもらって数か月しても治らない。

このまま薬を飲んでても治らないんじゃないか?

痛み止め、神経の薬、血流を良くする薬・・・

毎回出される大量の薬に段々不安になり

薬をもう飲みたくないと思うようになり

病院以外で治るところはないのかと探して

来院される方が非常に多いです。

 

そもそも腰痛や坐骨神経痛での薬物療法というのは

それで治ればラッキー位のものです

薬物療法は根本療法ではなく対症療法です

今出ている症状(痛み、しびれ等)に対して

『治す』というより『抑える、止める』という意味合いの方が大きいです

なので、だいたいの病院では手術適応状態でないと

「薬を出しておくのでそれで様子を見ましょう」となるのです

とりあえず薬で症状を抑えて時間が解決してくれるみたいな感じですかね?

それで治らなくて痛みがひどいか手術適応状態(悪くなっている)に体がなっていれば

手術を選択するという流れです

 

出されるままに副作用もある薬を飲み続け

数か月、数年と症状は変わらず、どんどん強い薬になっていき

結局手術をする

しかも手術をしても治る確率は半分以下

 

それでも薬を飲み続けますか?

それでもいいと思う方はいいですが

もし、「もう薬を飲むのは嫌だ!不安だ!」と少しでも思う方はこの先も読みすすめて下さい

 

 

薬を止めたいですか?

もちろん治療ありきの話にはなりますがまずは患者さんの心持の話になります

 

薬を止めたいと思う方は、是非この考え方を持ってください

「自分でも治すんだ!」という気持ちです

痛みがある、身体の調子が悪いというのは

少なからずあなた自身にも責任があります(交通事故でぶつけられて痛めたとかは除き)

普段の生活の仕方で身体を悪いくしている事などいくらでもあります

座り方、寝方、歩き方、身体を動かさない、身体に無理なことをしている等々

普段の些細な事が知らぬ間に身体を悪い方へ導き

痛みやしびれなどを引き起こすのです

これを『疾病形成因子(しっぺいっけいせいいんし)』といいます

疾病(腰痛や坐骨神経痛)を引き起こす要因という意味です

 

なので、「この痛みがあるのは自分にも責任があるから自分で治すんだ!」という気持ちを持ち、その疾病形成因子を正す事が治るための第一歩となるわけです。

それを薬にだけ頼って治そうと思ってもそれは治りません

例えれば『痩せるサプリ』を飲んでたとしても、食生活が荒れていれば痩せる事は出来ないですよね?

まずは、食生活を見直す

腰痛・坐骨神経痛であれば治すために生活を見直す

という事が大事になるわけです

 

しかし

どれが悪い事なのか?どうやったら腰痛を治すことが出来るのか?

というのはわかりませんよね?

 

そこで、我々専門家のアドバイスが必要になってくるのです

しかし病院ではなかなかそういう事はアドバイスしてくれません

リハビリでこういう運動をすればいいと指導は受けるかもしれませんが

生活の中でこういう事に気を付けなければいけないというのはあまり言ってくれません

そういうのは整体とかの方がアドバイスしてくれる可能性はあります

(当院ではそこをまず患者さんに意識してもらいます)

 

そして、同じような意味合いですが多くの方が勘違いしている事で

腰痛や坐骨神経痛を治すために「体操をする」「温める」など何かをする

という事に注目されがちですが

『何をしないか』

という事も大事になります

これは『治癒阻害因子(ちゆそがいいんし)』といって『疾病形成因子』と同義語ですが

治ることを邪魔する要因という意味です

 

普段の生活の中でこれをしていると治るのを邪魔している要因があります

一番多い例として座り方です

例えばソファーにもたれかかって何時間もいるとか

今の時期だとこたつに入って壁やソファー、座椅子にもたれかかって座っていたりすると

腰に負担がかかり、どれだけ治療をしても

良くすることより悪くすることが上回り

なかなか腰痛や坐骨神経痛が良くならないという事になってしまいます

 

それをあなた自身が腰痛や坐骨神経痛を治すためにこういう座り方をしないように意識すると

治るスピードが断然変わってきます

 

こういう意識は『自分でも治すんだ!』という気持ちが無いと出来ないわけです

 

いかがでしたか?

まず治すための第一歩として自分を見つめ直すことが大事という話でした!

 

 

薬をもう飲みたくないと思う方は是非一度ご相談にいらしてください

病院とは全く違う切り口であなたの腰痛や坐骨神経痛を治すために

治療や指導をしていきます

お待ちしております!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!