腰痛を根本的に治すために【松戸の腰痛・坐骨神経痛専門院 牧の原ふじ整骨院鍼灸院整体院が解説】

ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ

腰痛を根本的に治すために【松戸の腰痛・坐骨神経痛専門院 牧の原ふじ整骨院鍼灸院整体院が解説】

2020/02/21

ブログをご覧になっていただきありがとうございます。

松戸の腰痛・坐骨神経痛専門院の牧の原ふじ整骨院・鍼灸院・整体院です!

 

今回の内容は腰痛の根本治療についてです!

 

※薬を飲む事に不安を感じている方はこちらもご覧ください。⇩

〈大量の薬を飲むのが嫌・不安になっているあなたへ〉

※【必見!】腰痛対策にホッカイロを腰に貼っている方⇩

〈寒くて腰が痛くなりホッカイロを貼っているあなたへ〉

 

「根本治療します!」

よく聞く治療院や整骨院で使われるワードですね。

 

痛みが長く続いていたり、病院に通って毎日薬を飲んだり、湿布を貼ったり、塗り薬を塗ったり

ストレッチしたり、体操したり

それでも治らない腰痛・・

そうなってくる「根本的に治さないとダメかな・・」

と思う方も出てきます。

しかし、根本治療って何だと思いますか?

 

『悪い姿勢を正す』『歪みを治す』『サプリメントを飲む飲んで軟骨を回復させる』

『手術する』『運動や筋トレをして筋肉の支えを作る』

 

人によって様々なイメージがあると思います。

 

これらはもちろんその通りです。

悪い姿勢や歪みは無い方がいいですし、軟骨は回復した方が良い

手術も場合によってはしないといけないし

筋肉ももちろん必要

 

しかし、これらの前に必要なことがあります。

腰痛を根本的に治そうとしたら何が必要か?というと

『正しく歩ける力』

が必要になってきます。

それはなぜかというと

 

腰痛になる一番の原因として

『骨盤』の問題

があります。

 

骨盤は腰椎(背骨の腰の部分)の下にあります。

という事は腰を支えているのが骨盤になるわけです。

この絵のように腰椎の下に仙骨があり

その仙骨が骨盤の腸骨という部分にはまり込み

仙腸関節という関節が出来ています。(仙骨と腸骨の関節なので仙腸関節といいます)

 

この仙腸関節という関節が腰痛を根本的に治すにあたって非常に大切な関節になります。

 

先ほど『正しく歩ける力』と言いましたが

正しく歩く為にはこの仙腸関節がしっかり機能することが大切になります。

 

しかし、この仙腸関節の動きが悪くなる原因が大きく分けて3つあります。

 

1、歩行不足

普段から移動は車や自転車などに乗っている事で歩行不足になり、

この仙腸関節がいわゆるサビた状態になってしまいます

チェーンのサビた自転車は動きが悪いですよね?

それと一緒で仙腸関節がサビてしまった事によって

仙腸関節の動きが悪くなってしまいます

 

2、転倒などで尻もちや膝打ちをする

こういう事があると、骨盤に直接的にダメージを負い

仙腸関節が引っかかって動かなくなってしまうという事があります。

 

3、身体の左右のバランスが悪い

これは1と2を組み合わせた感じです。

左右のバランスが悪いと、例えば

右の仙腸関節には荷重はかからず左の仙腸関節には必要以上に荷重がかかってしまう

そうなると右側は歩行不足と同じようにサビてしまう

左側はダメージを負って引っかかってしまう

どっちにしても仙腸関節が動かない状態になります。

 

このように仙腸関節が動かないと今度はどうなるか?というと

その仙腸関節が動かないので腰椎や股関節に負担がかかってきます

そしてどんどんその負担が蓄積していき

腰椎や股関節まで動きが悪くなり、その負担がその周りの筋肉に行くため

腰痛や坐骨神経痛を引き起こします

 

ですので、治療により仙腸関節をしっかり機能させ

正しく歩ける力を取り戻し

股関節や腰椎も正常に動くようになり

腰への負担を無くしていく

そうすることによって根本的に腰痛を治すことができます。

 

もっと細かく言うと

その患者さん次第で仙腸関節以外にも足首や膝に問題があったりするので

それも治していかないといけません

 

巷の多くの根本治療というのは悪い姿勢とか歪みとか

形が悪いためそれを治そうとするのですが

実は順番が違います

本当に根本的に治そうと思ったら

機能を治して→形が治る

という順番が必要です。

 

形だけ治すとその場では姿勢が良くなったとか左右の歪みが整った

となるのですが

それは必ず元に戻ります

 

それは悪い姿勢だろうが歪んでいようが

それがその人のずっと過ごしてきた身体だからです

そうなるとその時変わったとしても元に戻ろうとします

 

元に戻るのであれば根本治療とは言わないですよね?

まず関節の機能という土台を変えていき

正しく歩いていく事で

徐々に悪い姿勢や歪みが治っていき

その正しい身体が体に染みついて戻りにくくなるのです。

 

そしてその歪みとか悪い姿勢は日常生活の注意が必要になります。

当然悪い姿勢も歪みも作り出しているのは日常生活からです。

それは座り方なのか、立ち方なのか、中腰が多いとか

その人によって色々ありますがそれを気をつける事で治りが早くなります。

 

せっかく治療をしてもそれを日常生活で崩していては意味がありません。

ダイエットしようとジムで一生懸命運動してるのに

家で暴飲暴食しているようなものです。

 

当院ではそういう何気なくしている日常生活の事を聞き

「それは良くないから控えてください」とか「それなら大丈夫」とかアドバイスします

患者さんの意識が高くなってくると、「これはどうなの?」

と患者さんから聞いてくるようになります。

 

ここでもう一つ腰痛の根本治療で大切なことをお話しします。

それは

『患者さんの過去・現在を施術者側が知る事』

どういうことかというと

患者さんの今の腰痛の状態を作り出したのは過去か今の生活状況しかありません。

 

例えば、過去に右足を骨折して3か月ほど松葉づえをついていた

という過去があったとすると

足のケガは治っていたとしても

左右のバランスは崩れたままの可能性があるという事です

それが例え何十年前のものだったとしても

 

検査で左右のバランスの悪さはわかりますが

その事実を知ることでバランス以外にも足首の状態はどうなのか?

負担がかかっているかもしれない反対の膝関節はどんな状態なのか?

と根本的に治すために診なければいけなくなります。

 

それを聞かずにバランスだけ診て治療すると

骨盤だけの治療になり、治りが遅くなる可能性もあるのです。

 

なので、腰痛という結果だけを診るのではなく

「なぜ今の腰痛になってしまったのか?」という事を知ることが

根本治療には非常に大切になります。

 

腰痛という結果だけ治すのではなく

腰痛になった原因を治す

これが腰痛の根本治療になります。

 

いかがでしたでしょうか?

もし腰痛でなかなか良くならないから根本治療が必要だと思ったら

是非一度ご相談ください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

ご予約は電話、メール、LINEから受け付けております

松戸市牧の原2-370 コーポ豊101

047-703-7731

月から金 9時~20時 土 9時~14時 日祝休診 臨時休診あり

八柱駅、新八柱駅から徒歩15分

新京成バス八柱駅発牧の原団地行き「小山台下」車後徒歩2分

駐車場有り