腰痛のことでしたら松戸の牧の原ふじ整骨院・鍼灸院に相談されるのがおすすめです

ご予約・お問い合わせはこちら

腰痛について

腰痛がつらい方のために松戸の牧の原ふじ整骨院・鍼灸院がサポートいたします

SERVICE

施術前の丁寧なカウンセリングで信頼を得てまいりました

松戸で腰痛などのお悩みを根本的に改善することに努めている牧の原ふじ整骨院・鍼灸院は、時間をかけて技術を磨き、交通事故治療・自律神経失調症をはじめ様々なお悩みへの柔軟な対応力を身に付けてまいりました。慢性的な痛みやコリは、放置していると悪化したり、日常生活に影響を及ぼす可能性もありますので、少しでもお悩みのある方は、まずは相談されることをおすすめいたします。
初めての方でも安心していただけるよう、施術前にはしっかりとご不安やご要望をお伺いする時間を設けておりますので、ぜひご来院ください。


腰痛がいつまでも治らないあなたに向けて症状別に腰痛について纏めております

BACKACHE

ぎっくり腰を繰り返してしまうあなたへ

院内画像

ぎっくり腰にはいくつかの種類があり、筋肉により起こっているもの、関節内で起こっているもの、それらが複合的に起こっているもの。これらに加えて、過去のケガなどの物理的なダメージや時間経過によって症状が変わってきます。また、仕事や家事などの日常生活での活動量によっても変わっていくものです。
「年々ぎっくり腰の状態が悪くなっている」「こういう体質だからもう治らないだろうと諦めている」など、ぎっくり腰に悩まされ、また起こるぎっくり腰におびえて、やりたい事を我慢しストレスを溜めてしまっている方も多くいらっしゃるかと思いますが、実はぎっくり腰は日常生活でのほんの些細な事の繰り返しであったり、いつもなにも考えずやっている事が原因になっているケースが大半です。
ぎっくり腰という言葉は一つでも、ぎっくり腰が起きる原因は一人一人異なる為、その原因を見極めなければ本当の解決にはなりません。

その原因として挙げられるものとして、例えば『パソコン仕事や立ち仕事など日常的に同じ方向ばかりを見ていて、体を片側に向けていることが多い』『日常的に動きが少ない、歩いていない』『体は柔らかい方が良いし良かれと思って、強いストレッチやヨガを定期的に行っている』このように、良かれと思ってやっている事が裏目に出てしまっている事もありますので、心当たりがある方は是非、松戸にある当院までご連絡ください。
早く平癒期へ近づけられるように、もうぎっくり腰にならないように、患者さんと2人3脚で治療をしていきます。

ヘルニアで整形外科や整骨院で治療しているのに治らないあなたへ

機械を使った施術

一般的に言う椎間板ヘルニアとは、腰椎と腰椎の間にある椎間板というものが飛び出してしまい、飛び出した部分が神経を圧迫し、しびれなどの神経症状や痛みを引き起こすと言われています。「立って靴下をはく事ができない」「長時間の立ち仕事やデスクワークをしていて、同じ姿勢が続くと何とも言えない嫌な痛みや違和感を感じる」など、ヘルニアになってしまったら手術しか無いか、もう一生この辛い痛みと付き合っていくしかないかと感じてしまっている方も多いのではないかと思います。
しかし、ヘルニアになってしまう本当の原因を知っていく事で、まだ"治る希望"が出てきます。詳しくは下記リンクよりご覧頂けますので、是非閲覧してみてください。
当院の施術の中心は「歩く力」を回復させるために、そのきっかけ作りのための整復をしていきます。まず、歩く為に何よりも必要な骨盤整復をし、筋肉ではなく、骨盤や関節を強化していく運動指導もしていきます。
患者さんにも、今できる限りの歩行や運動を頑張っていただきます。その、歩行・運動・整復を続けていく事で、正しい歩行・歩く力を再獲得し体を若かった頃の良い状態になるように目指していきます。

脊柱管狭窄症は治らないと思っているあなたへ

腰痛ついてカウンセリングしている様子

脊柱管狭窄症とは、背骨の中の椎間板や関節や靭帯などで囲まれた脊髄の神経を通す部分が狭くなり、神経に触って痛みやしびれが出るものです。「間歇性跛行」といって歩いていると腰から足にしびれや痛み、重さが出て長時間歩けなくなるが、少し休むと歩けるようになる。という症状が出る方が多いです。5分も歩けない方もいますが、目安として20分以下しか歩けないという方は、症状として重い部類だと考えて下さい。
「歩いていると5分や10分位で腰や足にしびれや痛み、冷たさなどを感じて歩けなくなる」「手術しか無いと言われ迷っているが、なるべく手術はしたくない」「将来歩けなくなって、寝たきりになってしまうんじゃないかと不安」このようにお悩みの方がいらっしゃったら是非、松戸にある当院へご相談ください。
当院では、症状が落ち着く状態にいたるまでに3つのステップを踏んでいきます。『ステップ1:疾病形成因子除去、治るための環境を整える』『ステップ2:歩行機能改善』『ステップ3:形質修復期の促進』脊柱管狭窄症の治療ではこういったステップを正確に踏んでいく必要があります。

脊柱管狭窄症は、「痛い」「しびれで感覚がおかしい」「歩けない」など日常生活に支障をきたし本当に辛いものです。しかし、この症状克服に必要な事は、目先の痛みに負けない「諦めない気持ち」が大事になってきます。そして、「なんとしても治すんだ!」という思いがとても重要となります。治る可能性のあるものをそのまま放っておくのは非常にもったいないです。是非当院へご相談頂き、症状克服に向けての一歩を踏み出しましょう。